ルーチェクリニックで自毛植毛を受ける決意をしました!画像診断から申込みまでの流れを公開

ルーチェクリニック銀座院

これまで約10年間にも及ぶ抜け毛予防、発毛促進のためのAGA治療を個人的に行ってきましたが、自身の体で検証した結果フィンペシアやミノタブの服用だけだとさすがに限界があることがわかり、ついに自毛植毛に踏み切る決意をしました。

私が選んだクリニックはルーチェクリニックさんでした。

ルーチェクリニック銀座院公式サイト

ルーチェクリニックに決めた理由

私がルーチェクリニックを選んだ理由は次の点です↓

  • ドナー採取時の毛根切断率が限りなく低い最新機器『アルタスix』を導入している
  • 『極細マイクロスリット方式』で出血が少なく自然な仕上がりと定着率のUP
  • Googleの口コミで評価が高い
  • モニター募集で通常価格よりも格安で施術が受けられる
  • 実際にルーチェクリニックで植毛手術を受けた方で成功している人のブログを読んだ

このあたりが決め手となりました。

最新のALTAS『アルタスix』を導入している

アルタス9xへの進化

最新のアルタスixは、従来のアルタス9xよりもドナー採取時のニードルが細くなっています。

本家ルーチェサイトの更新が追いついていないみたいで、今の所はアルタス9xの細さの掲載になっていますが、実際には下記の細さになっているそうです(電話で確認済み)

アルタス9x → 0.8mm

アルタスix → 0.6mm

そのおかげでドナー採取時にできてしまう傷跡を限りなく小さくすることができるようになっています。

これにより傷口の回復も早くなり、そして傷跡も目立ちにくくなります。

さらには極細0.6mmのニードルでドナーを採取するため、採取したドナーのまわりについてくる余分な皮膚組織がなく、それを取り除く作業も必要ないとのことです。

アルタスixは余分な作業がなくなり定着率がアップ!

今までの太いニードルだと、採取したドナー(毛根)まわりに余分な皮膚組織がついてくるので、それを取り除く作業がありました。

その作業の際に、腕が未熟な看護師だと大事な毛包部分を傷つけてしまい、植えても伸びてこないということが起こりうるそうです。

しかし最新のアルタスixの場合は極細ニードルで採取するため、余分な皮膚組織がほとんどなく、採取したドナーをそのまま手をつけずに植え込む状態にできるそうです。

これにより植え込みまでの時間も短縮され、毛包を傷つけることもなくなり、植え込んだドナーの定着率がかなり上がるとのことです。

採取したドナー(毛)は1本1本すべてチェックしている

採取時の切断率について

人間が手作業で採取を行うとどうしても「疲労」が起こります。

疲労から来る作業ミスが採取時の切断率を高める可能性がありますが、アルタスは機械なので疲労はまったくなく、高精度のままドナーの採取を続けることができます。

また、採取したドナーは1本1本すべて『毛髪診断士』を含む看護師の方が顕微鏡を使ってしっかりチェックしているとのことです。

採取したドナーの毛が途中で切断していると、その毛を植えても伸びてくることはありません。

そのようなことにならないようにルーチェクリニックでは採取したドナーについてはすべてチェックしているそうです。

例えば1000本採取したのなら1000本全て。3000本採取したのなら3000本全てをチェックしているそうです。

かなり徹底された品質管理と言えます。

採取した後頭部がスカスカにならない

ドナー採取部がスカスカにならない

上記はルーチェクリニックのドナー採取後1週間後の様子です。

赤枠の部分が採取部ですが赤みはありますが目立ったスカスカ感はほとんど見られません。

 

他院での後頭部は目立つ

こちらは他院での採取後の様子です。ご覧の通り採取部が明らかにスカスカになっていてすぐにバレてしまいます。

 

取りムラがなくスカスカにならない

下記の動画を見ていただけるとわかりますが、アルタスでは採取した箇所がスカスカにならないようにフルカラーかつ自動認識機能で取りムラや偏りが起こらないようにプログラムされています。

動画で青い円がいくつも見えますが、この円がかぶらないように採取することで術後も限りなく自然な仕上がりになるように配慮されています。

植毛ロボットアルタス9xルーチェクリニック 株採取のグレードアップ

極細マイクロスリット方式で自然な仕上がり

マイクロスリット

他院のクリニックではニードルで丸く穴をあける方式が標準ですが、ルーチェクリニックでは『ルーチェ方式』と呼ばれる穴あけ方法で、極細ニードルを使って約1mm程度の切れ目(マイクロスリット)を作り、そこに毛を植えていきます。

マイクロスリットによって最小の傷におさえて出血も少なくかさぶたも出来にくいとのことです。

また、極細の穴になるので埋め込んだドナーが抜けにくく定着率も上がるそうです。

Googleの口コミ評価が高い

ルーチェクリニックのGoogle口コミ評価

ルーチェクリニックに決める前に、Googleの口コミ評価を確認しました。

検索方法としては、クリニック名を直接検索キーワードに打ち込みます。

そして下記の赤枠部分にある「Googleのクチコミ」をクリックするとGoogleの口コミ評価を確認することができます↓

Google口コミ確認方法

 

アフィリエイトサイトの口コミは当てにならない

通常口コミを調べる時は、

「自毛植毛 口コミ」
「自毛植毛 おすすめ」
「自毛植毛 どこがいい?」
「自毛植毛 比較」

などで検索される方が多いと思いますが、その方法で検索してしまうと上位に表示されるのは決まってアフィリエイトサイトになっています↓

検索上位はアフィリエイトサイト

 

アフィリエイトサイトの場合は提携クリニック(広告主)から利益を得る目的でサイトを作成しているため、口コミを偽装している可能性が高いです。

 

利益目的でサイトを作成しているため、サイト内で「ランキング」として誘導したいクリニックに強引に誘い込む作りになっています。

アフィリエイトサイトの全てがそのようなサイトばかりではありませんが、ほとんどがそうなっています。

なので上述した検索方法ではなく、公式のクリニック名のみで検索して表示されたGoogle口コミを頼りにしたほうが、信憑性の高いクチコミとして捉えることができます。

アフィリエイトサイトの活用方法

アフィリエイトサイトの活用方法としては、「植毛ができるクリニックはどこが有名なのか?」を知ることができる点です。

 

アフィリエイトサイトに記載(紹介)されているクリニックは比較的知名度が高い(これから高くなっていく)ものが多いので、それらのクリニックをメモしておき、あとはクリニック名のみで検索してGoogle口コミを確認していく。という流れで進めていきましょう。

Google口コミはステマに気をつけて!ステマを見破る方法↓

ただ、やはりGoogleの口コミにもステマ(ステルスマーケティング)が存在します。

ステマとは、第三者にお金を支払って、自社に対して良いクチコミや良い評価を書いてもらう偽装工作のことです。

ステマを見破る方法は証拠が掴めないので何とも言えませんが、簡単な方法としては同じ日付や期間でクチコミが集中していたり、別名や違う名前で似たような文章が書かれていたりで、ある程度見破ることができます。

あとはあえて「◯◯クリニック 植毛 失敗」などで検索してみることです。

この場合は「すべて」だけでなく「画像」のほうでも調べてみてください↓

信憑性を高める検索方法

 

もし、ステマで良い評価ばかり書かれていても、悪評を隠しているクリニックであれば「◯◯ 失敗」で検索した時には必ず何かしらの情報が出てきます。

 

このようにあらゆる角度から検索することによって、該当クリニックに対する信憑性をある程度高めていくことができます。

ちなみに私がルーチェクリニックに決める前にここまで説明した方法でものすごく調べまくっていたのですが、これといった悪い記事や情報が見つからず、「悪評がなさすぎて逆にこわい」というなんとも複雑な心境になりました笑

ただ、こんなに調べて悪評が出てこないということは、もしかしたら本物の中の本物の優良クリニックなのかもしれません。

実際にルーチェクリニックで植毛施術を受けた人のブログを読んだ

これがとても参考になりました。

やはり一番信憑性が高い情報は実体験をブログで書いてくれていることですよね。

⇛自毛植毛

⇛アルタス植毛を体験した30代男のブログ

上記2つのブログが実際にルーチェクリニックで植毛手術を受けた経過を記事にしていてとても参考になりました。

管理人さんに感謝感謝ですヾ(´ω`)ノ

モニター募集で通常価格よりも格安で施術が受けられる

これはかなり大きかったです。

ルーチェクリニックさんで予約のキャンセルが出たとのことで電話連絡がきて、「急遽ですが、2日後に来れるなら特別に破格のモニター価格で施術が受けられますよ」というオファーをいただきました。

運良く私が施術を受けたいタイミングとその日が重なり、元々の予定は入っていましたが、すぐにリスケをして次の日には東京銀座周辺のホテルにチェックインしていました。

ちなみにモニター価格の条件は

  • 施術中の写真撮影
  • 一部画像をメディアや広告、自社HPで使用
  • 1年分の内服・外用薬の購入
  • 1年間薬の服用を続けること
  • 半年と1年後の経過写真を提供

といったところです。

私の場合は上記のほかに「キャンセルされた日に合わせて来院できるか」という条件を提示され、タイミングが良かったのでクリアすることができました。

※通常このような条件は稀なので割引率をさらにアップしてもらえました。

 

写真(画像)の使用については、顔の露出公開はOKか、それとも目元は隠すのかで割引率が変わるみたいです。

今現在もモニター募集は行っているみたいなので、植毛手術を検討している方は募集が終わる前に無料カウンセリングだけでも問い合わせてみることをお勧めします。

⇛ルーチェクリニック無料カウンセリング予約ページ

迷った時には電話をかけてみて違和感を感じたら避けるべき

ここまでの方法で施術を受けたいクリニックがなかなか決めきれないという人は、とりあえず植毛に対して疑問に思っていること、確認しておきたいことを電話して何でもかんでもすべて聞いてみましょう。

この電話応対によって、クリニックの大体の雰囲気が掴めます。

 

医師と看護スタッフの連携がしっかり取れていたり社員教育が行き届いていれば、電話の受け答えも丁寧で誠実です。

逆にそうでなければふてぶてとした態度で受け答えしたり、元気がなかったり声が暗かったり、曖昧な答えばかりで腑に落ちない点が多かったりと違和感を感じるはずです。

そのようなクリニックは危険ですので必ず避けるようにしましょう。

 

以上の調査をすべて行い、電話応対も落ち着いた口調で丁寧に質疑に答えてもらえて安心できたので、私はルーチェクリニックを選びました。

遠方の人はメールで画像診断ができる

まずはじめに自分の今の毛髪状態でどのような植毛ができるのか知りたかったので、実際に自身の毛髪状態と希望する植毛デザインを下記画像の通り撮影してメールで送りました。

詳しい方法はカウンセリング予約ページでご覧いただけます。

正面

前頭部植毛部分

 

正面2

右M字

右M字部分植毛前

左M字

左M字部分植毛前

 

頭頂部

頭頂部植毛前

後頭部

後頭部植毛前2

こんなかんじで5箇所の角度写真を送ります。

すると数時間ほどで

ルーチェクリニック画像診断の返信文章

 

↑このような返信メールが届くので(人によって内容は異なると思います)、とりあえず待ちます。

後日担当者から電話がかかってくる

私の場合は翌日のお昼頃にルーチェクリニックから電話がきましたが、その時は用事で取れなかったので夕方頃に再度かかってきた電話でいろいろお話を聞かせていただきました。

ざっくり内容は↓

  • 画像から判断した必要なグラフト(株)数
  • モニター価格の条件など
  • 費用のこと
  • 現在服用中の薬のこと
  • 購入する薬の副作用について
  • 他連絡事項など(私の場合だとキャンセル空きの連絡)

こんなかんじでした。

私の毛髪状態と希望する仕上がりをイメージしたかんじだと、だいたい1500~2000グラフトほど必要だと思い、100万~150万円ほどの予算を覚悟していましたが、電話では

「◯◯さんの場合ですと、1000グラフトぐらいでモニター価格で施術を希望されるのでしたら、今回急遽のキャンセル空きに差し込むのも含めて90万円いかないぐらいでお受けできますよ」

と返ってきたので即決で「お願いします」と施術を依頼しました。

申込表もメールで送ってもらえる

電話を切ったその後は、先程お電話いただいた担当者からメールにて問診表やモニター申込書などのPDFファイルが送られるので、ダウンロードしてUSBにデータを移し、コンビニでプリントアウトして必要事項を記入します。

記入が済んだらいったん用紙を写メして画像を返信メールに添付して送ります↓

植毛申込表モニター条件

※上記以外にも何枚か記入用紙があります。

原本は施術当日の来院時に必要ですのでお忘れなく。

写メの添付メールを送ればひとまず仮申込は完了です。

あとは当日来院の際により詳しい話しを聞いて、施術の意思があれば本申込みという流れになります。

 

以上が今回私がルーチェクリニックで施術を受ける前に行ったクリニックを決める調査と、申込みまでの流れでした。

これから施術当日の流れを書いていきますのでどうぞお楽しみにヾ(。・ω・。)

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

⇛ルーチェクリニックで本申込みしてきました

ルーチェクリニックで植毛施術を受ける前日の本申込み(予約)までの流れ
ルーチェクリニックで自毛植毛施術を受けました。この記事では前日の施術予約・ヘアデザイン・グラフト数の算出の流れをお伝えしています。